【物と資産の管理】取り扱いやすいものを取り扱う。そうじゃなければ手放す。

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今月は、私自身が、

「うまく取り扱えてないよなあ」

と思うものを、

少し手放してみました。

 

 

もらったり受け継いだりしたものの、

それについて知識がなく、

また、趣味ではないものなどです。

 

前は趣味だったけど、

今はそうでもなく、その知識に

長らく触れていないものなんかも、

そうですね。

 

 

詳しいわけでないものを、

市場価格がいまいちよくわからない、

いわゆる、非公開の場で手放す。

 

「あまり、公正な取引は

 できてないかもな」

なんて、思ったりもするのです。

 

 

それだったら、

市場で価格が公開されている、

株式などの金融商品は、

比較的取り扱いやすいなあと、

個人的には思ったりします。

 

 

そんなわけで、

 

【取り扱いにくい】

と感じるものは手放し、

 

【取り扱いやすい】

【取り扱える】

ものだけを、

身の回りに置いておきたいです。

 

 

重量があるものや、

取り扱いに一手間以上かかるものも、

私の中では、取り扱いにくいもの

かもしれません。

 

 

逆に、使いきって手放しやすい、

日常の消耗品などは、

私にとって取り扱いやすく、

優しいものかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

カード払いは、紙の家計簿と相性が良いです (2020.7.1.更新)

 

 

 

 

こんにちは、りるです。

今日も家計簿の話をします。

 

 

 

 

 

 

私は、クレジットカード

買い物した時は、

 

現金で払った時と同じように、

その日のうちに

家計簿に計上しています

 

 

たとえ、カード会社への支払い

(口座引き落とし)が、

1〜2か月後だったとしても、

 

『カードで払って、物を手に入れた』

その時に、家計簿に記入すると、

 

【物を手に入れた。

 だから支払いが発生している】

 

ということが、自分の中で、

明確に意識されるようになりますよ。

 

 

紙の家計簿ですと、

それをつけようとするたび、

以前のカードでの買い物も、

パッと目に入ってきます。

 

自分の手でその日のうちに

記入するのって、案外、

《使い過ぎ》を防ぎやすいです。

 

 

クレジットカードという、

キャッシュレス決済。

 

『買ったこと』を意識化し、

使い過ぎを防ぐという観点では、

の家計簿と相性が良いです。

 

 

 

なお、

サンプル画像の手書き家計簿は、

スキルシェアサイト“ココナラ”で、

配布しております。

 

こちらも、

よろしくお願いいたします。

 

 

今日もお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

1