家計簿は、紙とペンと電卓があれば、つけることができます(2020.10.4.更新)

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、私がつけている

家計簿のお話をします。

 

 

もちろん、過去には、

市販の家計簿を

つけていたこともあるのですが、

 

「もっと無理なく家計簿を

続けられる方法はないかな」と、

 

まずは、家にある

A4のコピー用紙に、自由に

書いてみることから始めました。

 

そして、

何か月か試行錯誤し、結局、

次の書き方に落ち着きました。

 

 

その方法とは:

 

 

まず、その日の支出を

レシートごとに書き出して、

合計します。

 

それを10日間繰り返し、

10日間の合計を出します。

 

次の10日間、

その次の10日間も、

同じことを繰り返します。

 

これで30日分になります。

[30日間の支出]

を合計します。

 

別の表に[固定費]

を書き出し、合計します。

 

[30日間の支出]

[固定費]を、合計します。

 

 

大まかに書くと、

このような感じです。

 

 

記入は、

A4のコピー用紙の表裏1枚

済むようにしています。

 

A4のコピー用紙に、

レシートごとに支出を書く。

 

この方法では、

紙と筆記用具と電卓さえ用意すれば、

つけることができます。

 

 

 

なお、

A4の表裏1枚に印刷して使える

【シンプルな手書きの家計簿】を、

スキルシェアサイト“ココナラ”で、

配布しております。

 

こちらも、

よろしくお願いいたします。

 

 

今日もお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

 

1