【語学】ひとつひとつの単語をCollins Dictionaryで丁寧に調べる

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

 

すごーく前の話になるのですが、

 

学生の頃の英語の授業で、

 

紅茶にまつわるお話(英文)を

 

ゆーっくり読みながら、

 

ひとつひとつ丁寧に単語を

 

英英辞典で調べていく、

 

ということをしたことがあります。

 

 

その時つかった英英辞典は

 

"Collins Cobuild"

(コリンズ・コウビルド)

 

という辞書で、

 

オンラインのCollins Dictionary

 

見ていただいてもわかるのですが、

 

 

例えば、上の画像の

 

"feel"という単語を調べると、

 

"If you feel a particular emotion

 

or physical sensation,

 

you experience it."

 

と、文章で、

 

その意味を教えてくれます。

 

 

さらに、その下には例文もあり、

 

定義文と例文を読むだけでも、

 

けっこうためになります。

 

 

その授業の先生は、

 

大量にインプットする方法もあれば、

 

こうやってひとつひとつ

 

丁寧にみていく勉強方法もあるよ、

 

と、おっしゃっていました。

 

 

外国語の大量のインプット。

 

聞き流すだけならよくても、

 

それを読むとなると、

 

自分の中にあったエネルギーが

 

その文章へ文章へと

 

放出されていきます。

 

(疲れますよね)

 

 

なので、今ではすっかり

 

1回数分間、

 

少量を丁寧にみていくやり方が

 

メインになりました。

 

 

例えば、朝、ぼーっと、

 

NHK(Eテレ)の《テレビで○○語》

 

を見たりします。

 

そこで、気になった1語を選んで、

 

Collinsで調べて、

 

定義文と例文を軽く読みます。

 

 

このやり方だと不思議と

 

満たされてインプットされている

 

感じがするんですよね。

 

 

なお、

 

オンラインのCollins Dictionaryには、

 

フランス語、スペイン語など、

 

英語以外の言語もあります。

 

 

いつかまた、

 

海外旅行にいきやすい

 

時期がくることを、

 

切に願っております。

 

 

 

FP2級に合格しました

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

FP協会のサイトで

FP2級の合格発表を確認したところ、

合格していました。

 

(すっきりしました)

 

 

こちらの記事に、

私の勉強スタイルについて

少し書いているのですが、

 

基本、毎日、

合計30分も勉強していないです。

 

その代わり、

毎日ほんの少しの量を、

長期戦と思って続けていく。

 

 

そんなわけで、

FPのテキストも、

はじめて手に取ったのが、

2年以上前でした。

 

 

当初は、

《3級を取ってから、2級と

AFP認定研修を受けていこう》

と、思っていたのですが、

 

コロナの影響もあり、

試験を受ける回数を1回にしたく、

 

《AFP認定研修に合格してから、

2級に合格する》

というルートをとりました。

 

 

というわけで、後日、

AFPに登録したいと思います。

 

資格については、

競わず、

長い目で考えて、

自分らしい形で生かしていきたい

と考えております。

 

 

 

1日5分の勉強で、全然ちがってくる! (2020.8.1.更新)

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、私がしている、

『5分間勉強法』について、

お話しします。

 

 

私は長い時間勉強するのが苦手です。

 

家で勉強していると、どうしても

他の〈やらなきゃいけないこと〉

が気になって、落ち着かなくなります。

 

理由はそれだけではないのですが、

一度集中力が途切れると、

続けるのは難しいです。

 

 

そこで私がしているのが、

『5分間勉強法』

 

一つのことを5分勉強できれば、

自分にOKをあげます。

 

そんな5分を、

1日に何回かつくります。

 

例えば、

1日3回それを繰り返すと、

15分です。

 

それを10日続けると、

150分。

 

30日(1か月)続けると、

450分です。

 

毎日少しでも、

やるのと、

全くやらないのとでは、

大きく違ってきますよ。

 

 

資格を取ろうとするなら、

勉強を始めてから

1〜2年後の受検を考えます。

 

よく、

資格試験のテキストなどには、

「2か月で合格!!」

などと書いてありますが、

 

その目標は、自分の中に

取り入れなくて大丈夫です。

 

 

個人的には、今は、

次の勉強のために、

時間を確保したいです:

 

1.お金に関すること

2.英語

 

できるだけ、

《《自分のため》》

と思って、楽しく勉強したいです。

 

 

勉強の目的は、

〈仕事や社会や誰かのために

役立てるように〉

じゃなくて、全然OKですよ。

 

自分のためだけに勉強したって、

全然構わないんです。

 

そう思って勉強したほうが、

勉強って楽しいものになると

思うんです。

 

 

それでは、また。

良い一日をお過ごしくださいね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

無事、教員免許を更新できました

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

生活のミニマム化は、

目指したいところではあるけれど、

捨てるつもりがないものも、

まだまだたくさんあるのが私です。

 

教員免許も、

その一つかもしれません。

 

11月半ば、

『更新講習修了確認証明書』

が届きました。

 

これで、あと10年、

教員免許の有効期間の延長を

することができました。

 

5月半ばに、

過去の勤務先から証明をもらって、

東京未来大学[通信制]の、

更新講習を申し込み、

 

その後2ヵ月間、

インターネットで講義の動画を、

毎日少しずつ視聴し、

 

テキストを読んで、

課題のレポートを書き、

 

8月上旬に、

会場で修了試験を受検。

 

8月下旬頃、

東京未来大学より、

試験に合格したことを意味する、

『教員免許更新講習修了証明書』

が届き、

 

これを添付して、

すぐに都道府県の教育庁に申請。

 

11月半ばに、

『更新講習修了確認証明書』が届き、

更新完了、という流れでした。

 

半年かかりました。

 

教員免許を持っているから、

「教員にならなきゃ」

ということでもなく、

 

《教員免許を持っていると望ましい》

仕事もいろいろとあるので、

持っていて悪くはないと、私は思います。

 

 

以上、今日は、

私が手放さずに更新した資格について、

更新の流れを少し記録してみました。

 

お読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

1