〈CD・DVDの収納グッズ〉タワレコスマートケース

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、CDとDVDのコンパクト化

についてです。

 

 

手放せる物は手放して、

収納をコンパクトにミニマムにして

暮らしたいです。

 

それでも、

手放せない・手放したくない

物ってありますよね。

 

 

CD・DVDに限って言うと、

 

どこにも配信されていない

映画のDVDなんかがそうですし、

 

CDも持っていたい物は

持っていたいです。

 

 

それでも、「できるだけ

コンパクトに収納したい!」

 

 

そこで、CD・DVDについては、

タワレコスマートケース

に、収納しています。

 

ジャケットのイメージも

歌詞カードも

CD・DVD自体も、

 

非常にスリムな形で

持ち続けることができ、

大変気に入っております。

 

 

以上、今日は、

CDとDVDのスリム化について

少しお話しいたしました。

 

今日もお読みいただき、

ありがとうございます。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

持ち物を厳選すると、リニューアルもしやすくなる

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

最近思うのは、

やっぱり、持ち物を

厳選し続けたいということ。

 

そして、それらを、

物にもよるけど、

例えば、10年〜20年ごとに、

リニューアル

し続けたいなあということです。

 

 

若いときのエネルギーでは、

 

たくさんの物や、

自分の体より大きな物を、

 

特に何とも思わなく

取り扱えたりするけれど、

 

 

年齢が上がってくると、

 

体力的なこともあるし、

優先順位のつけ方も変わってくるので、

 

 

若いときに手に入れた物を、

そのままリニューアルするのは、

難しいです。

 

 

だからといって、

リニューアルされないまま

古くなっていくたくさんの物に

取り囲まれてしまうのは、

 

「ちょっと重たい」

というのが、私の感じ方です。

 

 

というわけで、

持ち物を厳選して

リニューアルすること、

楽しんでいきたいです。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

【片づけ・断捨離の基準】何に縛られたくないか、何にだったら縛られても致し方ないか

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今日は、

そもそも、どんな基準に基づいて、

片づけや断捨離をしていくのがよいか

書いていきたいと思います。

 

 

私たちは、

「何かから完全に自由である」

ということはなく、

 

必ず、

多かれ少なかれ、

 

何かと結ばれていたり、

何かに依存していたり、

何かに縛られている部分が

あると思います。

 

 

片づけや断捨離とは、

つまり、

 

【それらとの結びつきをゆるめ、

ある程度の強さをもって、

それらを切り離していく作業】

 

なのだろうと思います。

 

 

そこで、

自分の心に聞いてみます:

 

「あなたは、何に縛られたくないの?」

 

「じゃあ、何にだったら、

縛られても致し方ないと思う?」

 

 

この際、

自分への質問の言葉は、

《縛る・拘束する》など、

 

強めの言葉を選びましょう。

 

 

例えば、

 

「何と結ばれていても

致し方ないと思う?」

 

などという、

柔らかな問いかけをしてしまうと、

 

覚悟を決めて切り離すのが

難しくなると思います。

 

 

以上、今日は、

片づけや断捨離をする際の、

そもそもの基準と、

 

自分にどのような言葉かけをして、

片づけを進めていくとよいか

 

ということについて、

お話しさせていただきました。

 

 

お読みいただき、

ありがとうございました。

今日も、

良い一日をお過ごしくださいね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

【物と資産の管理】取り扱いやすいものを取り扱う。そうじゃなければ手放す。

 

 

 

こんにちは、りるです。

 

今月は、私自身が、

「うまく取り扱えてないよなあ」

と思うものを、

少し手放してみました。

 

 

もらったり受け継いだりしたものの、

それについて知識がなく、

また、趣味ではないものなどです。

 

前は趣味だったけど、

今はそうでもなく、その知識に

長らく触れていないものなんかも、

そうですね。

 

 

詳しいわけでないものを、

市場価格がいまいちよくわからない、

いわゆる、非公開の場で手放す。

 

「あまり、公正な取引は

 できてないかもな」

なんて、思ったりもするのです。

 

 

それだったら、

市場で価格が公開されている、

株式などの金融商品は、

比較的取り扱いやすいなあと、

個人的には思ったりします。

 

 

そんなわけで、

 

【取り扱いにくい】

と感じるものは手放し、

 

【取り扱いやすい】

【取り扱える】

ものだけを、

身の回りに置いておきたいです。

 

 

重量があるものや、

取り扱いに一手間以上かかるものも、

私の中では、取り扱いにくいもの

かもしれません。

 

 

逆に、使いきって手放しやすい、

日常の消耗品などは、

私にとって取り扱いやすく、

優しいものかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

1